名刺の作成コストを安くあげる方法について

外回りをする営業マンは会社の顔としての役割を果たしています。
どこへ出しても恥ずかしくない正しいビジネスマナーを身につけさせることが大切ですが、持たせる名刺にも気を配る必要があります。
各営業マンに自己裁量で名刺の作成を任せてしまうと、会社のイメージや社風にそぐわないものを作成する者が出てきてしまう可能性があります。
会社のイメージダウンに繋がるようなものを配られては大変ですので、会社の総務部などが発注したものを営業マンに持たせるようにするのが一般的になっています。
この名刺作成コストを少しでも安くあげたいと考えているのであれば、印刷業者をコロコロ変えたりせずに、特定の業者をずっと利用し続けるのが得策です。
あらかじめ土台となる台紙デザインを決めておき、その印刷データを作成しておけば、あとは中の細かな記載データを入稿するだけで印刷することができるようになりますので、印刷枚数が増えれば増えるほど1枚あたりの印刷コストが安くなります。
ですので、納期が遅いとかデザインが古臭いなどといった問題がない限り、同じ業者を利用し続けるようにした方がお得になります。

名刺印刷

大阪ミナミでリッチな車中パーティー!リムジンに乗って梅田をドライブ!

飲食専門人材派遣サービス(企業) | ワン&オンリーキャスティング

チャンスを逃さない投資方法
仮想通貨の投資・おすすめ銘柄ランキング | 仮想通貨の投資ブログ
価値の上がっている今だからこそ、チャレンジしてもらいたいです。

最新記事

  • 仕事をしていると名刺は必ず必要なものです。
    しかし、うっかり補充するのを忘れてしまうこともあり...

    続きはコチラ

  • サラリーマンやOLが名刺を印刷する場合には、コストと同時に納期の早さも重視するのが一般的です。

    続きはコチラ

  • 会社に勤めている人の多くは自分の名刺を持つことになります。
    会社の事務担当の方が業者に注文をし...

    続きはコチラ